税の学習

  • 起業の資金調達

    会社を起業しようと思った時、お金は必ずかかってしまうものです。 お金の殆どは税金になってしまいますので、税金の事を知っていたほうが良いでしょう。 個人事業主になったら、厚生年金から国民年金に変わったり、健康保険が変わったりすることはご存知でしょう。 起業することで今まで…

  • 贈与税を一度に納付できない場合

    例えば金銭でないものを贈与され多額の贈与税が発生し、一度で納付できないという場合にはどう対応すれば良いのでしょうか。 もちろん原則では贈与税全額を現金で一括納付しなければなりませんが、いくつかの条件を満たせば「延納」という制度によって分割で納めることが可能です。 認められ…

  • 相続税の納付をしなかったら、どうなる?

    相続税の改正が行われ、親族間での相続トラブルで悩んでいるという方も多いかもしれませんが、もし支払うべき相続税を申告せず、さらには納付しなかった場合にどんなことが考えられるのでしょう。 相続税の申告期限は、故人が亡くなった翌日から10ヶ月以内と定められていて、もし申告を忘れて…

  • 相続税の問題

    残された遺産に不動産が多い場合、相続税が払えないという事態に陥ってしまうことは珍しくありません。 そうした状態に陥ってしまった時に考えられる選択肢としては、分割して支払う「延納」、建物や土地などの不動産で代わりに納めることになる「物納」、不動産を売却して現金化して相続税を支払う…

  • 不動産所有時の税金

    不動産を所有していると、取得したときから譲渡するときまで様々な税金が発生します。 不動産にかかる税金を大まかに4つに分けると、不動産を取得したときの税金、保有しているときの税金、賃貸しているときの税金、譲渡するときの税金に分けられますが、今回は保有しているときの税金にピントを当…

  • 法人と個人事業主の税の違い

    起業を考える時、個人事業主にするのか法人にするのかは大きな選択の1つとなります。 どちらにするかによって支払う税金の金額にも大きな影響を及ぼしますから、その点も踏まえて考える必要がありますが、そもそもこの2つはどういった違いがあるのでしょうか。 個人事業主は設立は簡単です…

  • 税務調査が行なわれる時期

    税務署の年度始まりは普通の企業や学校などと違い、4月ではなく7月始まりとなっていますので、1年間を通してみると事業年度の終了月は6月になります。 税務調査は税務署から事前に電話連絡がいきますが、この連絡は税務署の年度始まりである7月〜11月くらいに行なわれています。 逆に…

  • 生前贈与の相続税対策に注意!

    出来るだけ自分の財産を多く子供や孫に渡したいという思いから、生前贈与で節税をしようとお考えの方は多くいらっしゃいます。 年間160万円までは相続税がかからないので、年々少しずつ贈与を行なっている方は多いのですが、一つ気をつけなければならない点があります。 相続人への贈与は…

  • 法人が払う税金の種類

    初めて企業する方が意外にも忘れがちなのが、法人が払う税金についてです。 1年間経営した時に税率を見て驚かれる方や、そもそも何の税金が掛かるのかを理解していなかったという方も少なくありません。 1年を終えた時に法人が支払うべき税金には、「法人税」「法人住民税」「法人事業税」…

  • 退職後に住民税が請求されるのはなぜ?

    住民税は前年の所得に対して請求されますので、入社2年目以降にお給料から天引きされるようになります。 ここで一つ注意しておかなければならないのが、退職して収入が無い場合でも、前年に所得があればその所得に応じた住民税が発生すると言う点です。 退職後の住民税の支払い方法には2通…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る