記事の詳細

起業を考える時、個人事業主にするのか法人にするのかは大きな選択の1つとなります。
どちらにするかによって支払う税金の金額にも大きな影響を及ぼしますから、その点も踏まえて考える必要がありますが、そもそもこの2つはどういった違いがあるのでしょうか。

個人事業主は設立は簡単ですが社会的信用を得にくく、節税面のメリットが非常に少ないのが特徴です。
一方で法人は設立に手間がかかるものの社会的信用を得やすく、節税面でも大きなメリットがあるということが特徴となります。

節税面についてもう少し触れると、どちらであっても最初の2年間は消費税が免除されますので、どちらか悩んでいる方は最初は個人事業主として起業をし、2年経って規模がある程度整ってきたら法人に転換する方法が良いと言われています。
これは個人事業主として最初の2年間の消費税を免除した後に法人化することで、法人になってからの最初の2年間も消費税が免除され、合計4年間消費税を免除することが出来るからです。

またこの免除制度は事業が拡大すると対象外になる可能性もあるので、定期的に対象になっているか確認するようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る