記事の詳細

2月23日は税理士法の前身となった「税務代理士法」が制定された記念日として制定されています。

日本では自分で計算した税額を国へ収める申告納税制度を導入していますが、税理士は独立した公正な立場から税務の代理や相談をし、納税者のサポートを行なっているのです。
税理士会は近年、子供達にもより税金の事を知って欲しいと言う思いから、税理士による租税教室も各小中学校で行なわれており、ゲーム方式で分かり易く税の事を知ってもらったり触れ合ってもらったりする機会を増やしています。

また震災被災者や避難者の方を対象にした無料税務相談会を全国各地で開催していたりと、より税理士は私たちの身近な社会の柱として活躍の幅が広がっていると言えるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る