記事の詳細

残された遺産に不動産が多い場合、相続税が払えないという事態に陥ってしまうことは珍しくありません。
そうした状態に陥ってしまった時に考えられる選択肢としては、分割して支払う「延納」、建物や土地などの不動産で代わりに納めることになる「物納」、不動産を売却して現金化して相続税を支払う「不動産売却」の3つになります。

どの方法がいいのかはケースバイケースで一概には言えませんが、延納に関しては一定の要件を満たす必要がある為、実際によく考えられるのが物納と不動産売却の2つとなってしまいます。

どういった納付方法を行なうかで大きく損得が現れますので、相続税専門の税理士に相談してみるのがベストです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る