記事の詳細

課税所得金額を計算する上で必要な所得控除ですが、これにはなんと14の種類がありますので、今回は簡単にですがそれらの種類とどういったものなのかを一部ご紹介致します。

まず、誰でも無条件で適用することが出来るのが「基礎控除」で、38万円の控除額となります。
そして控除対象配偶者がいる場合には「配偶者控除」が、配偶者控除の対象にならずに一定の要件に当てはまっていると「配偶者特別控除」を受けることが可能です。
控除対象扶養親族がいる場合には「扶養控除」、納税者本人が障害者であったり、控除対象配偶者や扶養親族が障害者である場合に適用可能な「障害者控除」というものもあります。

それぞれ細かく要件が決まっている他、控除額も大きく変わってきますので、課税所得金額を計算する際にはよく調べてから行なうようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る