記事の詳細

例えば金銭でないものを贈与され多額の贈与税が発生し、一度で納付できないという場合にはどう対応すれば良いのでしょうか。

もちろん原則では贈与税全額を現金で一括納付しなければなりませんが、いくつかの条件を満たせば「延納」という制度によって分割で納めることが可能です。
認められる条件は贈与税が10万円以上であること、金銭で納付することが難しい範囲であること、延納税額・利子税の額に見合う担保を用意できること、申請書・関係書類を提出することとなります。

分割で納付していくにあたり、年6.6%の利子税が発生しますが、延滞してしまうと年14.6%の延滞税が発生してしまうので、分割で支払う方がもちろん負担が少ないです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る