記事の詳細

税理士と公認会計士は、税務や会計等の業務を行なっているため混合されがちですが、実は似て非なるもので、それぞれ案件の内容や規模など大きく違います。

税理士はお客さんの立場に立って税務申告や税務相談を受けるというような業務が多く、公認会計士はお客さんと役所の間の中立的な立場に立って、決算書が正しいというような証明を行ないます。

しかし、公認会計士は登録を済ませれば税理士の業務も行なえるため、会計事務所でも税理士業務がメインというところは多くあります。
独立していると会計監査の業務は中々ないので、実際に会計士は税理士としての仕事が多くなってしまうのです。

こういった背景があることから、どうしても税理士と公認会計士が混合されがちになってしまっています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る