記事の詳細

会社を起業しようと思った時、お金は必ずかかってしまうものです。
お金の殆どは税金になってしまいますので、税金の事を知っていたほうが良いでしょう。

個人事業主になったら、厚生年金から国民年金に変わったり、健康保険が変わったりすることはご存知でしょう。
起業することで今までよりかかってしまうのは、所得税、住民税、個人事業税、消費税と種類があるのです。

所得税は事業所得=総収入-経費のことを指し、住民税は均等割+所得割を指すそうです。個人事業税は290万以下だと免除され、消費税も2年前の売上が1000万以下だと免除されるそうです。
起業する際はきちんと金銭面を考えて起業しましょうね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る