記事の詳細

物件を購入するのに必要なお金は物件費用+各種費用となります。物件費用としては物件自体の価格で各種費用とは物件の価格以外の費用としてかかるものが購入の必要なお金の合計となります。

その中で物件価格被害の費用については仲介手数料、司法書士手数料、3種類の税金がかかってきます。

その中で3種類の税金とは登録免許税が固定資産税評価額の2%、不動産取得税が固定資産税評価額の4%、印紙税は購入した物件の金額によって変わってきます。
固定資産税評価額は固定資産税という税金を計算するときに使う物件の評価の指標となるものです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る