記事の詳細

カーポートは固定資産税でかかってしまうことはあるのかということは良く質問があるようです。固定資産税は土地、建物、消却資産の3種類に分かれています。

建物に対する固定資産税としては屋根、壁があるものには固定資産税がかかると解説されています。カーポートを見た場合に屋根と柱で構成されている場合には建物には含まれません。
しかし、屋根、壁、柱などがあるカーポートに対しては建物とみなされ、建物の固定資産税がかかります。

カーポートによって固定資産税の対象となるものとそうでないものとによって分かれてきますので、カーポートを建設する前から気をつけておいたほうがよいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る