記事の詳細

近年では本業をしながら副業をしている方は増え続けているといいます。もしマイナンバーで副業が分かってしまう場合それが会社のほうで副業を禁止している場合には、会社に本業を続けるのか副業を続けるのかの2者を選択させられてしまう可能性があります。

結論としては、給料として受け取るのであれば、会社側にわかります。その理由として住民税を支払うときにわかります。
住民税は会社と本人が半分支払いますので、住民税がその分増えてしまいますので、若手しまいます。

紹介料などのように受け取る等をすることによって源泉が引かれないので、知られる可能性は低いとのことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る