記事の詳細

先月30万円の赤字であるとして今月に20万円の収益が出たとしてそれで20万円の収益に対して税金がかかるという解釈をもっている方が多くいらっしゃるそうです。

実際にはこの2つで計算した場合には合計で-10万円になりますので、これで通算した場合には税金はかからないといった計算です。
しかし、雑所得になりますと損益の繰越はできないようになっています。

FXや株などの場合の金融商品のばあいには申告分離課税ですので、税率は一律20.315%でこれに関しては来年に持ち越すことが出来るといったことです。
不動産所得の場合には減価償却がありますので、赤字になりやすいと解説されています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る