記事の詳細

税金とは公的サービスの財源であり、その公的サービスの内訳は道路や橋、水道やゴミなどになります。税金は私達が社会の中で健康で豊かな生活をするための会費のようなものであると解説されています。

憲法における税金に関しては納税の義務で国民は法律の定めるところにより、納税の義務を負うことが必要です。
租税法律主義ではあらたに背税を課し、又は現行の租税を変更するには法律又は法律の定める条件によることを可能とするということです。

税金を納める理由については国や地方は公的サービスを提供し、国民はその対価として税金を納めるということを解説されています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る