記事の詳細

こちらの動画では相続税を会費するために国外へ移住をする際の政策について解説をされています。富裕層の方にはシンガポールに移住したり、香港に移住したりして以前は海外の資産は税金の対象から外すということがありました。
 
これは5年間移住していると提要されると法律では定められていました。海外に住んでいても資産が日本にある場合には課税の対象となりますが、それが10年になるのではないかといわれています。
 
移住した際には5年でも苦痛だった方には10年になった場合には移住をして対策される方は減るのではないかといわれています。
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る