記事の詳細

例えば決まった税理士に毎月来てもらっているけど、顧問契約をしているというわけではないという方は多くいらっしゃると思います。
税理士からはよく「顧問契約」という言葉が聞かれますが、具体的に顧問契約をしている場合としていない場合では何が違うのでしょうか。

まず第一に一番大きく違う所は金額面やサービスの量でしょう。
顧問契約のいくつかのサービスを用意しておき、金額が高い分、多くのサービスを行なっているという税理士事務所が多いようです。
では顧問契約していないけど毎月来てもらっているのとは何が違うのかと言いますと、顧問契約は「いつでも相談に乗る」という契約になっているので、困ったときはいつでも頼る事が出来ますが、一方でその都度来てもらって仕事をしてもらう場合には、出来高でその時その時だけ税務業務を行なうという違いになります。
また出来高制なので、今やっている業務に関しての質問は受け付けてくれるものの、それ以外の業務の質問については受け付けていない場合が殆どです。

ですので税理士を決めたら、どれだけ相談したい事があるのか、頼りにしたいのかによって契約をするのかを考えるのがいいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る