記事の詳細

法人税にもいくつか種類があると言われていますので、法人に対してどんな税金がかかるのか理解しておきましょう。

法人税は消費税以外は売り上げに対してかかる税金であり、メインは国税の法人税ですが、法人税は税務署に行って申告を行うのです。

地方税として地方の財源になる法人事業税と法人道府県民税は都道府県税務事務所で申告するのです。

法人町村民税は市町村役所に申告しますが、税務署に申告する消費税は課税取引に対して支払う税金なのだそうです。

決算があってから2ヶ月以内が申告と納税の期限とされていますが、消費税以外なら期間は申請さえすれば延長する事もできるのだそうです。

法人税は20万円以上を超えた場合には、予定納税という税金の前払いが必要になるという事ですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る