記事の詳細

相続で相続権を持つ家族に対して、自分自身が希望する遺産の分割方法を示したい場合には遺言書を書いておく必要がありますが、書き方が大切なのだそうです。

相続させるという文言は法定相続人に対して使う事ができるフレーズですから、法定相続人以外の孫や甥姪に対して自分の財産を継承してほしいという場合には、遺贈するという文言を使うと良いのだそうです。

これは税金の負担にも関係していて、相続税を算出する時には、遺産や3年以内の贈与で取得した財産、相続時精算課税制度で取得した財産などを合算して、そこから債務や相続税の基礎控除額、葬儀の費用などを差し引いて計算するのです。

しかし、これは法定相続人の人数が基準になっていて、この計算で相続税の総額や納める相続の金額が分かるのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る