記事の詳細

住民税は前年の所得に対して請求されますので、入社2年目以降にお給料から天引きされるようになります。
ここで一つ注意しておかなければならないのが、退職して収入が無い場合でも、前年に所得があればその所得に応じた住民税が発生すると言う点です。

退職後の住民税の支払い方法には2通りあり、1つは退職予定の会社に残金を一括して徴収してもらう方法です。
会社が対応してくれるのでこちらの手間は最小限になるのですが、金額によっては退職金が無いと支払いがキツくなってしまいます。

もう1つは市役所に赴き、請求書を貰って自ら手続きして支払う方法です。
こちらの場合は必ずしも一括で支払う必要はなく、最大4分割で支払いが可能ですが、それでも支払いがキツい場合は市役所の窓口で相談すれば更に分割で支払いが出来る可能性もあります。

「払えないから無視しちゃおう」と相談や手続きを面倒くさがってしまうと滞納になってしまい、最悪の場合差し押さえもありえるので、支払いが難しい場合でもまずは市役所で相談しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る