記事の詳細

初めて企業する方が意外にも忘れがちなのが、法人が払う税金についてです。
1年間経営した時に税率を見て驚かれる方や、そもそも何の税金が掛かるのかを理解していなかったという方も少なくありません。

1年を終えた時に法人が支払うべき税金には、「法人税」「法人住民税」「法人事業税」「地方法人税」「特別税」「消費税」があり、税務署や地区町村などに納付していく事になります。
支払い期限内に納付出来なかった場合にはペナルティも課せられてしまうので注意しましょう。

これらはどう計算されているのか簡単に説明すると、売上から経費、人件費、家賃、交際費などを引いた後の利益に、先ほど挙げたそれぞれの税率をかけていくことで導き出されます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る