記事の詳細

車を所有している方でも、車にかかる税金は複雑で良く分からないというのは珍しくありません。
現在車に関わる税金は全9種類あり、それぞれの制度も複雑化しています。

車を購入する時には「自動車取得税」が、そして毎年収める「自動車税」、ガソリンを入れるのにも「ガソリン税」、車検の時には「自動車重量税」というように、他にも軽油引取税や石油ガス税など様々な税金が複雑に発生しているため、いつ払っているのか良く分かっていないという方も多いのではないでしょうか。

更に日本の車体課税を他国と比較してみると、日本は自動車先進国アメリカの約4倍となっており、さらに取得・保有の段階でも2倍〜30倍高い税金を払っているのです。

住んでいる地域によって一家庭に複数台所有する必要もあるため、ますます負担が大きくなってしまうのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る