記事の詳細

相続「税」と税という言葉がつくだけで、一見凄く難しそうに感じられますが、簡単な仕組みさえ分かってしまえば自分でもすぐに計算出来てしまいます。

相続税を計算する為には、まず最初に土地や建物、現金、預金などを全て含めた遺産総額を計算します。
もし借金がある場合にはその分を引いた数字が遺産総額となり更にそこから、基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)を引いてください。
そして法定相続人が法定相続額を受け取ったと一旦仮定して相続税を算出します。
そしてその相続税の合算合計額を各人の実際の相続割合で按分し、その各人ごとに出した額に2割加算や税額控除を行なったりして、各人の相続税を確定しましょう。

相続税率は年によって変わっていたりしますので、そこだけ注意して確認するようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る