記事の詳細

不動産経営をする時には節税の4つのパターンが存在しています。
単純にお金が出て行くパターンと出て行かないパターン、税金が減少する、繰り延べられるパターンですが、これを知っているのといないのでは大きな違いがあるのです。

どういう事かというと、交際費や備品の購入でお金は出て行きますが税金がその分減少します。
お金が出て行かないパターンを考えると費用の未払い計上などが考えられますが、こちらの場合では税金は繰り延べられます。
またお金も出て行かずに税金も減らしたいのなら、減価償却費が最も考えられる典型的な例となります。
減価償却費は経費として立ち、経費となれば現金も出て行きませんしその分の税金も掛かりませんので、最も広く知られている節税の方法と言えるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る