過去の記事一覧

  • 副業に必要な確定申告について

    最近では専業主婦による副業もブームになってきていますが、その副業による収入に対しての確定申告に悩む方も多いそうです。 ネットオークションやネットショップなどのちょっとしたお小遣い程度の稼ぎなら必ずしも確定申告する必要はありません。 しかし多く儲けてしまった場合、例えば会社…

  • 税理士法人チェスター

    年間200件以上の業界トップクラスの相続税申告実績をもっている様々な分野の企業様から信頼を集めている税理士事務所です。 相続税申告業務については、お客様に対応させていただく税理士の経験が非常に重要となってきます。どんなに大きな会計事務所であっても担当者の経験値が低ければお客…

  • 法人部門(税理士)

    陣内省吾さんは、藤間公認会計士税理士事務所さんの法人部副所長のです。 税務と会計の専門部隊のトップです。 ここの部署では毎月の経営のポイントを月次決算書として伝えています。 結構大手の事務所なので各種の専門分野の人ともコラボレーションしているのも強みです。 決算、申告の調…

  • 新田弘之

    新田弘之さんは、新田弘之事務所さんの所長さんです。 この事務所は、大阪市福島区にある税理士事務所で福島駅や新福島駅から徒歩5分くらいの所にあります。 中小企業や個人のよろず相談所としてワンストップサービスを目指しています。 記帳の代行や決算申告はもちろんですが就業規則や給与…

  • 税理士の顧問契約の仕組みって?

    例えば決まった税理士に毎月来てもらっているけど、顧問契約をしているというわけではないという方は多くいらっしゃると思います。 税理士からはよく「顧問契約」という言葉が聞かれますが、具体的に顧問契約をしている場合としていない場合では何が違うのでしょうか。 まず第一に一番大きく…

  • 相続税の仕組み 課税価格について

    相続税の計算の中には課税価格というものが出てきます。 この課税価格を導き出す計算式は、「=本来の相続財産+みなし相続財産−非課税財産−債務・葬式費用+相続開始前3年以内の贈与+相続時清算課税制度の贈与」となります。 今回はこの中のプラスになる相続財産、計算式のマイナスになって…

  • 2月23日は税理士記念日

    2月23日は税理士法の前身となった「税務代理士法」が制定された記念日として制定されています。 日本では自分で計算した税額を国へ収める申告納税制度を導入していますが、税理士は独立した公正な立場から税務の代理や相談をし、納税者のサポートを行なっているのです。 税理士会は近年、…

  • 忘れがちな償却資産税

    土地や建物にかかる固定資産税は良く耳にする言葉だと思いますが、事業をしている場合は償却の対象になる資産の計上をしなければならないのは意外と忘れられがちです。 対象は一般的に10万円以上の資産になり、1度償却出来ても償却資産には変わりなく、トータルで150万円以上に達した場合には…

  • 相続税を簡単に計算する

    相続「税」と税という言葉がつくだけで、一見凄く難しそうに感じられますが、簡単な仕組みさえ分かってしまえば自分でもすぐに計算出来てしまいます。 相続税を計算する為には、まず最初に土地や建物、現金、預金などを全て含めた遺産総額を計算します。 もし借金がある場合にはその分を引い…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る