記事の詳細

税金にも色々な種類があり、確定申告の準備をしているという方もいるかもしれませんが、今回は住民税と所得税の納期についてご紹介いたします。

住民税は確定申告をすると金額が決まりますが、市役所など役所が自動で計算してくれて、納付書が送られて来るので4回払いする事になるのです。

所得税も確定申告をする事によって金額が決まり、3月15日が納付期限ですが、特に個人事業主やフリーランスの人、副業している人は気にしておきましょう。

所得税の前払い制度として予定納税制度という物がありますが、これは前年に15万円以上を納税した人に対して、その3分の1の金額を前払いするという制度なのです。

所得税も住民税もサラリーマンは毎月天引きになり、年末調整の時に天引きし過ぎていないか確認されて調整が行われるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る