記事の詳細

会社員だったら、住民税や所得税は給料から源泉徴収されるので、収入が大幅に減らない限り一定額の負担になりますが、老後に年金生活に入ると公的年金から天引きされる仕組みになっているのです。

しかし、退職後の住民税には注意が必要であり、住民税は前年の所得を元に税額が計算される後払いなので、天引きされませんし一括で請求が来るのです。

退職金にかかる税金は住民税と所得税があり、一括して退職金から天引きされますが、退職所得として扱われているので通常の所得とは計算基準も異なるのです。

住民税は支払われる退職金を元に計算されて一括して天引きされる物ですが、退職所得には前年の所得がないため、退職金はその時払いになるのです。

年金生活は働いていた頃よりも収入が減るので、無理のない家計の運営が必要不可欠ですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る