記事の詳細

法人で節税対策を行うなら色々な対策があると言われていますが、やっておくべき対策について知っておきましょう。

経営セーフティ共済や小規模企業共済は余裕があれば活用して経費に入れる事ができると言われていますし、節税はグレーゾーンも多いという事ですから、経費にするのを忘れていた事業と関連のある経費があれば入れておくと良いのだそうです。

役員報酬と社会保険料のバランスを考える事によって、節税対策にも活かせるのだと言われていますよ。

日当や旅費規程は個人事業主では活用できませんが、法人ではリスクがありますが活用できるという事ですから注意して活用してみてはいかがでしょう。

非常勤役員は個人事業主では活用できませんが、法人ではリスクがありますが活用できるのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る