記事の詳細

個人事業主が節税すると、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

節税のメリットは青色申告控除が使えるという事であり、住宅ローン控除も使用できると言われていますし、個人向けの節税制度も活用する事ができるのです。

ふるさと納税も活用できますし、家事関連費というグレーゾーンも経費にできる可能性がありますよ。

節税のデメリットは法人よりも節税できる選択肢が少なかったり、節税できる金額も少ないため、規模や金額が大きくなったなら法人化した方が良いのだそうです。

所得や利益など総所得金額が大きかった場合、次の年の国民健康保険料や住民税が増えてしまう事が考えられるので、ある程度の所得が出せるようになったなら法人を活用するのがオススメなのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る